緊張してラケットがうまく振れない。

緊張してラケットがうまく振れない。

これは、テニスだけではなくどんなスポーツでも起こりうる状況です。テニスだったら緊張でラケットが振れない他にも足が動かないとか声が出ないとか力が入らないとか入りすぎるとか。

 

テニスを始めたてで、最初の試合とかだとどうしても緊張して震えてしまうというのは避けられないと思います。

 

やはり、

 

「練習の成果を出さなきゃ」

 

とか、

 

「何がなんでも勝たなきゃ」

 

と考えていると、余計な力が入る、または逆に緊張しすぎて動きがぎこちなくなるという状態に陥ります。

 

緊張しないようにしよう、と考えても実際には緊張しなくなるどころか余計に緊張するものです。

 

 

テニスでも何でも、試合経験を重ねていくごとに緊張感は薄れていきます。

 

緊張するのは悪いことではありません。それまでしっかりとした練習を積み重ねてきて、試合に対して真剣に向かっている証拠ですからあまり気にしすぎることは良くないです。

 

 

楽しむために始めたテニスですから、まずは試合を楽しく、テニスを楽しくプレーすることを考えてみましょう。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ