下手でなかなか練習の相手をしてもらえない。

下手でなかなか練習の相手をしてもらえない。

確かに、テニスを始めたてで下手な内は、一緒にコートで練習する相手がいないということはありますね。

 

下手同士で練習するとしても、両方でコート外にホームランを打っているようではなかなか上達のコツも掴めませんしね。

 

 

とりあえず、テニスを始めたての初心者だと仮定して、壁打ちと素振りから始めてみましょうか。なるべく人通りの少ないところで、壁を使っても怒られない場所を探しましょう。

 

また、素振りってやらない初心者の人が多いと思うのですが、テニスに限らずどんなスポーツでもプロ級の人はちゃんと素振り練習をしています。

 

素振りでちゃんとラケットを振ることができなければ、ボールを打つことはもっと難しいでしょう。コートに入ると走ったりボールの軌道を予測したりと他にもやることが増えてきますから。

 

 

あとは、テニス自体の技術以外に基礎体力を向上させるのは当然のことです。

 

最初は簡単な筋力トレーニングと、ストレッチ。
他にはやはりランニングを行うべきでしょう。

 

ランニングは、息が上がってしまうような高強度ではなく、長時間走り続けられる緩いスピードで行ってみるといいのではないかと思います。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ