ボレーが浮いてしまう。

ボレーが浮いてしまう。

ボレーが浮く・・・という悩みについてなのですが、一番基本的なポイントから。

 

ラケットでテニスボールを打つ瞬間まで、ちゃんとボールを見ているでしょうか?

 

どんな球技でも同じことですが、より長くボールを見ているプレーヤーは成績が優秀です。

 

 

フレームショットが多いテニスプレーヤーは、ラケットを持っていない手が遊んでいることが多いです。体のバランスをショット時に崩しやすいと、やはりミスショットの回数も増えます。

 

その上ボールを見ていないとなると・・・ボレーは浮きまくりますね。相手コートばかり見ているとか、ダブルスで前衛の動きが気になるとか・・・。

 

冷静に考えてみると、ボレーそのものに集中できていないということが試合ではよくあります。練習では浮かないけれども試合で浮いてしまうという人はちょっと気にしてみてください。

 

 

中級者の人であれば、テイクバックのし過ぎとか、ラケットを寝かせすぎているとか。

 

前者はインパクトが遅れる原因になりますし、後者はまぁそのまんまですね。場外ホームランの可能性を秘めています。

 

 

一度ボレーをビデオ撮影してスロー再生すると、改善の道が開けるかもしれませんね。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ