テニスで強く打つとコートの外に飛んでいきます

テニスで強く打つとコートの外に飛んでいきます

「テニスを始めたばかりの初心者です。強く打つとボールがコートの外に飛んでいってしまいます。なかなかラリーを続けることができないのですが、どうしたらいいですか?コツを教えてください。」

 

 

初心者が最初にぶつかる壁っていうのが、テニスコートの外にホームランを打ってしまってラリーを続けることができないというものです。

 

こういう状態の時って、ボールを打つ練習ではなくボールを取りに走る練習をしているみたいであまり面白くありませんよね。

 

 

逆に飛ばさないようにして弱く打つと、今度はネットにひっかけてしまいます。

 

 

そこで、無理に上級者がやるようなラリーを目指すのではなく、卓球でいう初心者のピンポンのような状態でラリーをしてみましょう。

 

真っ直ぐに打ち返すのを目指すのではなく、軽〜く、山なりのボールを打つんです。最初はそっと、ゆっくり打ち返し、いつまでもその状態で続けられるように練習してみましょう。

 

初心者がいきなりカッコいいラリーをしようとする時点で間違っていますし、いくらその状態で続けたとしても上達することはないと思います。

 

 

山なりの軌道でもアウトになってしまうようであれば、同じ力でもっと低い位置を狙っていきます。ラケットを振るのはそっとなので、狙いを定めるのは結構簡単なはずです。

 

 

山なりにボールを打ってラリーが続くようになったら、次の段階に進んでもいいんじゃないでしょうか。

 

ボールをよく見るということ

 

細かい点について挙げていくと、まず重要なこととしては「ボールをよく見る」ということですね。

 

テニス以外の球技、例えば野球なんかでも同じなのですが、初心者ほどボールを打つ時にボールから目を離すタイミングが早く、上級者ほど最後までちゃんとボールを見ているようです。

 

ちゃんとボールを見ているということは、飛んできたボールの回転方向や回転量を確認するということにも繋がりますし、逆に相手が打つ時の瞬間も確認するということになります。

 

 

特に自分がちゃんと打ち返したことによって安心してしまい、相手のプレーを全然見ていないという初心者の場合には常にボールがどこに飛んで行くのかがわからないため相手に振り回されるということに。

 

結果的に何とか強く返そうとしても体制が崩れているのでどこか空の彼方へ飛んでいってしまうということになるでしょう。

 

低い位置で強打しない

 

冷静に考えてみるとわかりますが、低い位置で強打している人と高い位置で強打している人とでは、アウトになってしまう確率が高いのは低い位置で強打している人ですよね。

 

低い位置で打つというのは当然ボールの軌道が上に向かってしまっているわけですから(ネットに引っかかったら意味がないですもんね)、アウトになる確率は高くなります。

 

高い位置で打つのであればそれほどネットの高さは気にしなくてもいいので、上に方向づけて打つ必要がなく相手のコートに打ち込むことができるでしょう。

 

 

トッププロがインパクトする瞬間の写真で、低い位置で打っていることってないじゃないですか?大抵の写真は「こんなに窮屈な感じになってもいいのか」と思わされるくらい高い位置でヒットしていますよ。

 

一生懸命手で打っている

 

コートの外に飛んでいってしまうくらいの状態なのであれば、まだボールを身体で打つというよりは手打ち状態になってしまっているのでしょう。

 

手を大きく振れば振るほどボールに威力が出るような気もしますが、実際には振れば振るほどコートの外にホームランを打ってしまいます。

 

ボールがどこに飛んで行くかわからない状態なのであれば、とりあえずボールを打つのはやめて素振りでフォームを確認していったほうが良いでしょう。

 

強く打ちたいのであれば、手で打つというよりは体全体で打つ感覚を身に着けないと相手のコートにはちゃんと入ってくれませんよ!

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ