壁打ちは結構うまくなったんですが、人相手のテニスだといまいちです。

壁打ちは結構うまくなったんですが、人相手のテニスだといまいちです。

 

壁打ちと人相手は確かに違う

 

確かに壁打ちと実際のコートでは、ボールが返って来るタイミングも球の質も違います。

 

最初のうちは壁を相手に練習するのも大事ですし、ボールの扱い方を学ぶ過程ではとても大事なことだと思います。

 

「壁打ちは意味ない」っていう意見もあるのですが、常にコートで練習できる環境にいる人は少ないと思いますし、中高生の部活動だと初心者はコートにほとんど入れないでしょう。

 

 

ある程度うまくなってきたら、さすがに壁打ちだけではキツくなってきます。

 

多分、最初はコート外にボールが飛んでいってしまうということが多いでしょう。

 

壁打ちとは違って、人同士のラリーだと自分の理想の体勢で打つことが難しくなります。初心者同士で組むことが大半だと思いますので、余計ボールがどこへ行くかわかりません。

 

壁打ちでも本当に始めたての頃は、どうラケットを振って打ったらいいだろうか、ということを一生懸命考えていたと思います。

 

人同士でラリーに挑戦するようになると、足の動きが多くなって思考することが難しくなりますが、それでもトライアンドエラーを繰り返した人が上手くなるんです。

 

あとは、一つ一つの問題(ボレーができない、ネットが多い、とか)を上手く解決していければ上達への道は短くなりますね。

 

人相手に練習する環境がない場合

 

そうは言っても、テニススクールの人数が多すぎるとか先輩がずっとコートを占拠しているとかで人相手に思う存分練習する環境がない、ということもあるでしょう(だからこそ壁打ちをやっているわけで・・・)。

 

そういった場合には、開き直ってもっともっと壁打ちを練習して上達する、ということしか道はありません。

 

 

壁打ちは上手くなったんだけれども人相手だと通用しないという人の場合、壁を相手にいつも気分良く打ち続けてしまっているということがあります。

 

次にボールが返ってきた時に自分が打ち返しやすいように打っているから、壁相手のラリーがどんどん続くようになるというのはある意味当たり前のことなんですよね(だからすごく上手くなったように錯覚してしまうことも)。

 

 

壁相手にラリーをするというのであれば、あえて変な場所に打ってみるというのも実践での色々な動きを練習していく役に立つでしょう。

 

また、『打ちやすいショット』『好きなショット』だけを練習するのではなくて、実際に人と対戦しているときに『自分が苦手なショット』『自分が失敗したショット』だけを繰り返し練習していくほうが良いでしょう。

 

 

得意なショットを壁相手に練習しても上達には限りがあるわけなんですが、苦手なショットだったら伸びしろがあるわけですし自分で好きなだけ打つことができるので対人になった時に役に立つでしょう。

 

また、得意なショットを練習する場合には自分の中で制限をつけて打つようにすると良いでしょう。

 

壁のこの位置よりも高く打ったらダメ、低く打ったらダメ、という事を考えながら練習することによってコントロールも身につきます。

 

特に、どこの壁に行っても汚れだったり落書きだったりがあるでしょうから、それを目標に練習してみるというのも良いものですよ。迷惑な落書きもたまには役に立ちますね(汗)

 

壁打ちがまだイマイチという場合

 

テニス自体をまだ始めたばかりで壁打ち技術もイマイチ・・・というのであれば、次のような練習を壁打ちの時に取り入れてみてください。

 

【スマッシュ練習】

 

壁に直接スマッシュを当てるのではなくて、壁の手前でワンバウンドさせてから当てるように。

 

すると自分の所にボールが返ってきた時には高く弾んだ状態ですから、それをさらにスマッシュ。バレーボールでも同じような練習方法がありますね。

 

【ハーフボレー練習】

 

普段壁打ちをしている距離よりももっと詰めた状態で打ち続ける。

 

あまりにも近すぎると難しくなってしまうので、慣れながら徐々に壁との距離を近くしていきましょう。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ