テニスのサーブのコツを教えてください。

テニスのサーブのコツを教えてください。

 

テニス初心者のサーブ

 

「テニスのサーブのコツを教えてください。よくサーブが入る日と、全く入らない日があって困っています。」

 

テニス初心者のうちは、サーブを相手コートに入れるのもやっと。とにかくコートに入るように、と考えて打っていると思います。

 

しかし、ある程度上達してきたらたまたま入った、入らなかったというのではいつまでたっても上手くなれませんし試合に出ることもできません。

 

 

どうしてもサーブの確率が上がらない・・・という人は、テニスを始めたての時と同様

 

「相手コートに入るように」

 

打っていないでしょうか?

 

 

サーブはどのポイントを狙って打っていますか?何となく「相手のコート」と思っていないでしょうか。

 

明確に、相手コートのどこに打ち込むかを考えていないと、いつまで経っても初心者のサーブからは脱出できません。

 

まずは基本の動作を身につける

 

初心者はサーブを何とか強く打とうとして、とにかく力を入れてスイングスピードを上げようとしてしまいます。

 

確かにスイングスピードを上げることができればボールのスピードも上がりますが、しょせん初心者のスピードボールですからちょっと上手い人であれば簡単にさばいてしまうでしょう。

 

それどころか無理に力を入れて打とうとした結果、狙ったところには打てなくなりますし下手するとどこかとんでもない方向へ飛んでいってしまう・・・というのがオチです。

 

 

実際の所、プロ選手であっても強いサーブを打つためにスイングスピードを上げようと努力しています。

 

しかしそれは、基本的なサーブ動作がちゃんと身についているからこそできる(やっていい)ことなんですよね。

 

どれだけ力を入れてもサーブが崩れない。狙った所に打てる。というところまで基本動作が習熟して初めてできる部分です。

 

 

強いサーブを打たなければならない、と思った時にはまず『正しいサーブを打たなければならない』と自分の中で脳内変換して練習してください。

 

サーブで重要なのは、実は『トス』

 

正確なサーブを打ったり強いサーブを打ったりする時に、初心者はラケットの振り方をどうするか、ということしか考えていなかったりします。

 

しかし、サーブ動作というのはラケットを振る前に自分でトスを上げていますよね?

 

トスが下手な場合には正しいサーブ動作ができるでしょうか?毎回トスが違って不安定だったら強いサーブが打てるでしょうか?

 

 

つまり、ラケットを振る前の動作であるトスをちゃんと上げられるようにならなければ正しいサーブを打つこともできないというわけです。

 

ボウリングなんかでも、投げる動作よりもその前の後ろに振る動作が大事で、後ろに振る動作よりもさらにその前のボールを持つ位置が重要だったりするんですよね。

 

 

そういう意味ではテニスのサーブではトスがちゃんとできていなければいけませんし、もっと突き詰めて考えればトスを上げる前の構え方から考え直さなければいけないかもしれません。

 

サーブが上手くなればテニスも上手くなる

 

テニスのプレーの中で、サーブというのは唯一自分のタイミングで、常に同じフォームで打つことができる場面です。

 

相手の強さがどのくらいか、相手がどこに打ってきたか、どのくらいの強さで打ってきたかということなどには一切関わりなく、練習すればするほど確実に実力が伸びる場面というわけです。

 

他の人と一生懸命ラリーを続けるのも楽しいですけど、たまには機会を見つけて自分一人でサーブ練習をするというのもいいかもしれませんね。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ