テニスでインパクトの時にタイミングが合わないという悩み

インパクトの時にタイミングが合わない。

「テニスでインパクトの時にタイミングがいまいち合いません。ボレーでもストロークでも同じです。」

 

 

無理矢理呼吸を止めない

 

テニス初心者で非常に多いのが、呼吸を止めて打っているという人。

 

相手コートからボールが帰ってきた瞬間に呼吸を止めてしまい、打ち返した後に呼吸を再開する。そんなことをしていたら絶対苦しいですし、もしもラリーが長く続いたら酸欠で倒れてしまうでしょう。

 

 

呼吸するタイミングは、一般的にはテイクバックの時に吸い、インパクトの瞬間に吐く。

 

 

上手い選手になればなるほど、ボールを打つ瞬間に声を出しますよね。叫ぶ選手もいますよね。奇声を発するプロもいますよね。

 

 

別に目立ちたくて声を出しているわけではなくて、息を吐き出すことによってプレーをスムーズに、パワーをアップさせるために行っているんです。

 

 

初心者の内から声を出すのはちょっと恥ずかしいと思いますので、声を出さないように息を吐き出してみましょう。特に、プレー中ずーーーっと呼吸を止めている人は。

 

力の入れすぎによる失速

 

ボレーでもストロークでも同じことなんですけど、力を入れて、全力でボールを打とうとするのはどちらかと言うと初心者に多いです。

 

しかし、力を入れた感覚に反してバウンドした後に急激にボールが失速してしまうということになりやすくないですか?

 

そして、相手コートでボールが失速してしまうことが自分でもわかっているので次のインパクト時にはさらにラケットに力を込めて全身全霊で振り抜き・・・という悪循環を繰り返しています(もちろんその場合にもバウンド後に失速)。

 

 

確かに力を入れてインパクトすると『打った手応え』が手元に残るので気持ちがいいですし、そもそも力を加えなければ打球が速くならないしタイミングも悪くなると思いがち。

 

しかし、実際には力が入ることによってラケットの微妙なコントロールができなくなるのでタイミングは当然合わなくなり、打った手応えが強いということはむしろ力がボールへ上手く伝わっていない(だから手元に衝撃が残った)ということになります。

 

 

実はこの『力の入れすぎ』の問題はテニスだけではなく、他のどんなスポーツでも共通しています。

 

野球のピッチャーは無理矢理ボールをぶん投げることはしませんし、バッターだって力任せにスイングするのは引退試合の最終打席くらいです。

 

ゴルフでクラブを全力振りしているのはデビューしたての超初心者か、わざとスコアを落としたい接待ゴルフの時だけ。

 

水泳では目一杯力を入れて水をかくと、姿勢が崩れて逆に失速します。

 

 

ですから、テニスだけは特別全力で振っていい、なんていうことはないんですね。

 

ミスが多くなりやすいケース

 

インパクトの時にタイミングが合わなくてミスを連発している、と思っていたら、実はタイミングじゃなくてラケットの面が安定していないだけだったということもあります。

 

どうしてもインパクトする瞬間に腕や手首で角度を調節したくなってしまうものですが、それによってラケット面が不安定になってしまうことが多いです。

 

本来は腕や手首で角度を調節するのではなく、テイクバックのときにちゃんと形を作っておかなければならないんですね。

 

テイクバック自体は自分からは見えない部分ですが、練習の時にちゃんとした向き(後ろあるいは下)になっているかどうかを確認しておく必要はあるでしょう。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ