日本体育協会公認のテニス指導員

日本体育協会公認のテニス指導員

日本体育協会(日体協)が行っている事業に、スポーツ指導者資格があります。テニス指導員もその中の一つです。

 

日体協-スポーツ指導者

 

スポーツ指導者資格では、普通ビジネスで必要とされる資格とは異なり、筆記だけではなく技術そのものの実践が求められています。

 

スポーツ指導者資格では一般的な流れとして、「共通科目」「専門科目」の2つの講習を受講しなければなりません。資格取得を希望する人が集まって受講する集合講習または通信講習の形で実施されます。

 

講習がすべて終わったら、検定試験です。検定に合格し、登録するとスポーツ指導者として4年間の認定が受けられます。4年経過したら更新手続きが必要で、この時に再度研修を受けることとなります。

 

 

公認テニス指導員としての技術レベルとしては、『基礎技術において方向・回転・距離・スピードのコントロールができる』と定められています。

 

基本的な指導資格とはいえ、指導者自身がそれなりの技術を持っていなければならない、というわけです。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ