テニス初心者、ラケット選びはこうする

テニス初心者、ラケット選びはこうする

 テニスに絶対必要な道具の一つにラケットがあります。様々なメーカーから様々なタイプのラケットが販売されているのですが、好きなトッププロが使っているからと言って同じものを購入してもなかなか上達することはできません。

 

 初心者には初心者向けのテニスラケットの選び方というものがあります。

 

ラケットフェイスが大きい物を

 

 まずは、ラケットの大きさ。フェイスが大きければ大きいほど当然当たる確率も高く、スウィートスポットもまた広くなります。

 

(スウィートスポット:少ない力・弱い力のかけ方でもボールをしっかりと遠くへ飛ばせる部分のこと)

 

 形がちょっと格好悪いからと言ってラージサイズのラケットを敬遠する初心者の方もいるのですが、最初のうちは我慢して大きい物を使いましょう。小さいタイプにしてみたり、デザイン重視にしてみたりしたとしても、ボールに当たらない飛ばないどっか変なところへ飛んでいく、ではもっと格好悪いです。

 

多少振り抜きにくいですけど

 

 ラージサイズ、またはスーパーオーバーサイズ系のテニスラケットは、どうしても抵抗が大きいために振り抜きにくいという欠点があります。もちろんその欠点を差し引いても初心者がボールに当てやすいという点でラージサイズを最初はおすすめするわけですが。

 

 どうしても振り切れない・タイミングが遅れてしまうという場合にはセミラージサイズのラケットにしてみましょう。
 フェイスが大きければ大きいほどボレーもサーブもスマッシュも打ちやすいのですが、振り切れないというのであれば仕方ありません。

 

 また、面の大きさを変えずにグリップの太さを変更してみたり、より軽いラケットを選ぶというのも初心者にはひとつの方法だと思います。とにかく、初心者はラケットフェイスの大きい物を。で、その中で自分にとって振りやすいものを選ぶというのが鉄則です。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ