初心者がサーブを上達させるコツ

初心者がサーブを上達させるコツ

 テニスのゲームは、全てサービスから始まります。サーブをしっかりと入れることができなければ、ボレーやスマッシュなど他の技術が高くてもポイントを取ることはできません。それでもやはり初心者が苦手にしている技術でいつも上位に来るのはサーブです。ここではサーブの打ち方のコツを、初心者がどうすればいいかという視点でお話しします。

 

フラットサービス”気味に”打てるようにする

 

 初心者であったとしても、やはり1本目のファーストサーブはフラットサービスを打つべきですし、打ちたいことでしょう。ですが、そう簡単にプロが打つような強烈なスピードが出るわけでもないですし、コントロールがちゃんとできるわけでもありません。

 

 そこで、初心者が習得するべきサーブとして、フラットサービス気味のサービスをおすすめします。最初から強烈にまっすぐに打つことを目指すのではなく、少し弓なりで確実に入れていくことを目指すのです。

 

・強烈だが全く入らないサーブ
・弱いが確実に入るサーブ

 

 この2つのサーブを考えて見れば、どちらが勝利に近いかは明白です。目一杯力を入れて打つボールをコントロールしていこうとするよりは、弱い力でコントロールされているボールに少しずつ力を入れていった方が確実に上達への道のりは速いでしょう。

 

スライスサーブもいいんだけど

 

 テニススクールでサーブを練習するときは、初心者はスライスサーブを中心に練習することになると思います。もちろんこれにも一理あり、確実にコートに入れられるサーブを持っていればゲームに参加することもできますし、ラリーが続くこと自体が他のボレーなどの上達にもつながるだろうということです。ラリーが続けば楽しいですしね。
 ただ、スライスサーブが入るからと言って、フラットサービスを練習しなくなる初心者がいます。入るサービスを練習したほうが楽しいし、入らないサービスを修正していくのは面倒なことですから。

 

 でも、将来的なことを考えていつまでもフラットサービスが出来ないままにしておくことは不可能です。それなら、初心者のうちからしっかりとフラットサービスも身につけておいたほうがいいでしょう。
 一人でサーブ練習が出来る時間などに、何度も打ってみるといいですね。

 

サーブのちょっとしたコツ

 

 初心者向けのサーブのちょっとしたコツを紹介します。

 

・トスアップは低く
 最初の頃は、トスアップ自体も下手だと思います。まずはちゃんと打つこと。そのためにはトスアップを高く上げてはいけません。

 

・ラケットはコンパクトに振る
 全力で、大振りでスイングしてしまってはボールに当てる部分のコントロールが効かなくなります。初心者のうちは、小さくコンパクトにラケットを振り切りましょう。野球とか他のスポーツでも、ボールに当てるときにはコンパクトな振りが要求されます。

 

・体重移動をしない
 プロ選手のような、カッコいい体重移動を使ったサーブを打とうとしても、初心者にはまだ無理です。見た目から真似してみるのはいいのですが、ここはグッとこらえて棒立ちでサーブを打ちましょう。身体動作が安定するまでは棒立ちで。

 

 こんな感じでどうでしょうか?少しはサーブ時のコントロールが向上すると思います。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ